カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

親子ではじめるしょうぎドリル

LPSA初の将棋入門書です。
従来とは違う「ドリル形式」で一つずつ「書きながら」覚えられます。かわいらしいイラストでなじみやすい装丁です。
お父さんお母さんと一緒に読み進められますので、読み終えた時には家族みんなで将棋ができるようになっています。
対象年齢:5歳から
B5版:48ページ

親子ではじめるしょうぎドリル

メーカー:講談社
型番:gsp_001
価格:

1,028円 (税込)

購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
友達にメールですすめる

■ 商品説明

将棋の駒の名前、動かし方から王様をつかまえる詰みまで。この一冊で将棋を覚えることができます。業界初の書き込み式ですので、楽しみながらステップアップできます。女流プロ棋士の中倉彰子初段がテキスト・構成を行いました。

■ 商品仕様

製品名親子ではじめるしょうぎドリル
型番gsp_001
メーカー講談社
製造年2011年
外寸法 幅178mm × 奥行60mm × 高さ252mm

しょうぎドリルの特長
・駒の名前から「1手詰み」まで、初歩の初歩をやさしく解説しています
・手を使って「書きこむ」ことによって、頭に残りやすくなります
・ドリル形式で一歩一歩進んでいくので、達成感があります
・女の子も抵抗なく楽しめる、かわいいイラスト&デザインです

中倉彰子初段・宏美二段によるドリル紹介です!

しょうぎドリルの進めかた
・テーマごとに、「解説」と「問題」がセットになっています
・問題ができたら、ふろくの「駒シール」を貼って、つぎに進みましょう
・すべて終わったら巻末の「表彰状」で、「よくできました」! 
・ドリルを終えると、「1手詰」ができるレベルになります。

目安として、LPSA(日本女子プロ将棋協会)のキッズスクールで10級程度です。


ページイメージ

日本女子プロ将棋協会:編 講談社:刊
中倉彰子初段:構成・テキスト 藤田麻衣子:イラスト・装丁